女性ホルモンと動脈硬化

女性ホルモンの中のエストロゲンは、血管を柔らかく保つ働きがあります。また内臓脂肪分解のサポートとしても働き、悪玉コレステロールの増加を抑えます。このような働きを持ったエストロゲンが分泌している女性は、男性に比べて動脈硬化が起こりにくいのも理解できます。

 

更年期による変化

女性は閉経に向かって、40歳〜50歳ぐらいの時期にエストロゲンの分泌が激減していきます。特にこの年代には急激な低下があるのため、体も慣れることができずに更年期障害を起こすほどです。この更年期の時期になると、今までエストロゲンによって守られていたことも変化していきます。

 

その変化は血管、骨、粘膜、肌など、いろいろな部分で変化が出てきますが、特に血管が硬くなりやすく、悪玉コラーゲン、内臓脂肪も増える傾向となるのです。それによって脂質異常症、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病のリスクも高まります。女性は乱れた食生活や運動不足を続けてしまうと、今まで抑えていたエストロゲンが減少したことで、ウエスト回りが急に太くなったり、中年太りと言われるような体重増加が起こるのです。

 

動脈硬化になると

動脈硬化

動脈硬化とは動脈が硬くなる症状であり、それによって心臓に負担がかかり「心肥大」「心不全」のリスクが高まります。また血管が狭くなり「高血圧」「狭心症」なども起こりやすくなり、また血管が詰まりやすくなると「脳梗塞」「心筋梗塞」などにもつながり、血管が破れやすくなるため「くも膜下出血」「脳出血」などが起こりやすくなるのです。

 

動脈硬化を予防するために
女性は閉経が必ず起こるため、エストロゲンが急減することは仕方のないことです。しかし少しでも緩やかに減少させることで、体が柔軟にエストロゲン分泌の少ない状態に慣れてきます。そのためエストロゲンをできるだけしっかり摂取して、減少をカバーすることが大切です。

 

そのためには女性ホルモンの補充治療がありますが、ホルモン治療は副作用の不安もあり、医師も安易には勧めません。できれば食品からエストロゲン様の成分を摂取することが大切なのです。そこで食品の中でも大豆製品から摂取できる大豆イソフラボンが、エストロゲンの代わりに働くと言われています。

 

正確には大豆イソフラボンを摂取し、変換されてできるエクオールという物質にこそ、女性ホルモン様の働きがあるのです。エクオールに変換するためには、エクオール産生菌という腸内菌の働きが必要となります。日本人には、このエクオール産生菌が腸内に存在している人は50%といわれています。この数値は世界的にはとても多いと言われていますが、残りの50%の人は、エクオールに変換できないということになります。

 

大豆製品を食べれば、もちろん大豆のいろいろな栄養素は得られますが、エストロゲン様の成分であるエクオールは得られないのです。エクオール産生菌が存在しているかは、病院で検査することができますが、エクオールそのものを摂取することのできるサプリもあります。エクオール産生菌が、体内に存在しているか自信がない人や、もっとエクオールを摂りたい人、大豆食品があまり好きでない人には是非おすすめです。